サイトマップメール問い合わせ

地デジアンテナ工事 埼玉と千葉と茨城 新築・戸建・マンションアパートの集合住宅に対応

当社が選ばれるポイント
保証内容についての詳細

埼玉県電気工事組合加入
埼玉県電機商業組合加入


満足
総合デンキサービス株式会社
エアコン/電気工事/照明器具/
LAN工事/防犯カメラ
http://eksc.jp/
デンキはおまかせ下さい!

地デジとは?地デジ放送の特徴地デジ化|アナログ放送とデジタル放送の違い

top>地上放送デジタル化

地上放送のデジタル化

デジタル化のわけ

テレビ放送のデジタル化の大きな目的のひとつに、電波の有効利用があります。電波は無限に使えるように思われるかもしれませんが、放送や通信に使えるのはある一定の周波数のところだけです。日本の現状はもうこれ以上すき間のないほどに過密に使われており、アナログ放送のままではチャンネルが足りませんが、デジタル化すれば、チャンネルに余裕ができます。空いたチャンネルは、今後のさらなる情報通信技術活用社会、情報化社会の進展のために利用することが計画されています。

世界の地デジ普及状況

地上デジタル放送は1998年にイギリスでまず開始されました。現在は欧米ではアメリカやドイツ、イタリアなど、アジアでは韓国や台湾、シンガポールなど、世界の20以上の国と地域で放送されており、デジタル放送は世界の潮流となっています。*中国とベトナムはまだ本放送されてません(実験放送のようです)。

2011年7月に終了するわけ

2001年(平成13年)の電波法の改正により、アナログテレビ放送による周波数の使用は10年以内に停止することになりました。これを踏まえて作成された放送用周波数使用計画(チャンネルプラン)などでは、その使用期限を2011年(平成23年)7月24日、つまり計画変更の公示日の2001年7月25日から起算して10年目の日と規定されました。これによりアナログ放送は2011年の7月24日までに終了することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ページのトップへ